看護師の慢性的不足

看護師の求人情報は常にたくさんあり、転職活動を盛んにしている理由の一つに慢性的な看護師不足があります。
高齢化に伴い、介護施設や医療施設が増えてきていることも一因ですが、慢性的に看護師不足を引き起こしている原因に看護師の配置基準があります。

配置基準とは病院で患者さんが手厚い看護を受けられるように、看護師1人で患者さんを何人受け持つかの基準です。
以前は看護師1人につき患者15人または13人、10人という3基準がありましたが、2006年の診療報酬改定に伴って新しく看護師1人につき患者さん7人の新基準が導入されました。

もちろん1対7の方が、手厚い看護を受けることが出来ますから、診療報酬はその看護師の配置基準に連動して変わります。
1対7の配置基準を満たしている病院は、診療報酬を高く得られる仕組みになっているのですね。

この配置基準を満たそうとするには、当然看護師を増やす必要があります。
そのため、多くの医療機関で看護師の求人情報を出しているという状況が生まれます。

どこも看護師を欲しがっている状態なので、必然的に慢性的な看護師不足に陥ってしまっているのです。
経済力や看護学校とのパイプがある大きな病院は新卒の看護師を大量に採用できますが、中小の病院は他の医療機関からの看護師の転職者がないと厳しい状態なので、割と高待遇の求人も見受けられます。

コメントを残す