看護師の転職状況

看護業界で働く人は、他の職業で働く人に比べて転職率が多い傾向にあります。
多い人では数年ごとに転職を繰り返す人もいます。
というのも、看護師の労働条件や環境は、それぞれの職場によって大きく変わってくるからです。

現在の職場に不満を持ち、更なる高条件や良環境を求めて転職活動をする人は少なくありません。
日本の医療業界では、常に深刻な看護師不足の状態にありいつでも求人情報があることが、看護師の転職活動を後押ししていると言えます。

転職先の職場の種類も、総合病院の他に開業医やクリニックなどと選択の幅があります。
また高齢化に伴い、老人保健施設などの介護施設でも看護師の需要が高いことも、看護師の転職活動を活発にしている一因でもあります。

土日に休みたい、夜勤なしの職場、給料が良い、スキルアップを目指したいなどの自分の希望にマッチした求人情報が見つかりやすい状況だと言えるでしょう。
看護師における女性の割合が大きいことも、転職率の高さと関係があります。
結婚・出産などによる生活スタイルの変化に合わせて、職場を変える働く女性が増えているといことですね。

コメントを残す