Archive for Author pleasedosomething

看護師の復職

看護師は女性が多い職業ですが、夜勤があるなどハードな仕事であるために、育児との両立が難しいと、出産を期に仕事を辞めてしまう人も多くいます。
しかし看護師に限らず、ある程度子供が大きくなったら、そろそろ仕事に復帰してみようかなと思う人もたくさんいるのではないでしょうか。

看護職は一般的に他の職業と違って、復職がしやすい職業と言えます。
看護師という資格が国家資格であることに加えて、常に需要がある職業であるからです。

日本国内どこに住んでいても求人があり、復職がスムーズに行くのが看護師の職業です。
また、女性であったりブランクがあったりしても、一般的な他の職業より給料が良いのも魅力です。

とはいってもしばらく医療の現場から離れていると、復職には不安がつきまといます。
そのような時は、復職支援セミナーを実施している病院や、ブランク歓迎の求人を出している病院がおすすめです。

看護師の転職サイトの中には、求人情報を検索する際に「ブランクOK」で絞り込めたり、パートタイムの仕事の求人などを紹介してくれたりするサイトもあります。
復職者にやさしい職場を選ぶことができるというのは、ママさんナースには大変ありがたいですね。

看護師の転職と給料

転職する際は自分の希望条件を明確にすることですが、給料アップを目指して転職する場合は注意が必要です。
それぞれの職場によって給与体系がばらばらであるからです。

基本給が低く抑えられている分、夜勤などの手当が高く設定されていたり、求人情報を一見しただけでは判断できない部分もたくさんあったりします。
また給料は高いものの、夜勤明けの次の日に日勤勤務などタイトなシフト勤務を求められることもあります。

こういった待遇面は求人情報などの書類上ではなかなか判断がつきにくく、入職してからこんなはずではなかったと後悔することも多くあります。
看護師の職場は、単に給料の額面だけをみて好条件だと判断しにくいのが現状です。

拘束時間が長かったり、職場の看護師の人数が少ないために課せられる仕事量が非常に多かったりすることもあります。

これらの勤務条件を的確に把握するには自力ではなかなか難しいものがありますので、転職サイトなどの専門家の力を借りるのが便利です。
基本的に転職サイトは無料で登録できるので、求人情報を詳しく知り尽くしている転職コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

准看護師の転職

医療機関で患者さんの看護をする職業には、看護師と准看護士がいます。
患者さんにとっては、どちらも看護をしてくれる立場ですが、准看護師と看護師では立場も試験の種類も全く違います。
仕事内容も、大きく差があります。

もともと准看護師は、戦後の看護師不足に対応するために暫定的に設けられた立場であり、それが現在でも継続していますが、日本看護協会はその制度を廃止する方向で考えています。
高度医療の成長により、高度な知識や技術が必要になってきているのがその理由の一つです。

そのため、准看護師を養成する看護学校も減ってきているのが現状です。
医療機関でも准看護師は募集していないという所も多く、転職活動がなかなか希望通りにいかないということも多々あります。

応募した後に准看護士は募集していないと断られるのは、時間と労力の無駄ですし、何より心が折れてしまいます。
効率よく転職活動をするには、転職支援サイトなどを活用するのが便利です。

あらかじめ准看護師を募集しているところを、コンサルタントが紹介してくれますので、自分にあった最新の求人情報を手に入れることができます。

看護師の慢性的不足

看護師の求人情報は常にたくさんあり、転職活動を盛んにしている理由の一つに慢性的な看護師不足があります。
高齢化に伴い、介護施設や医療施設が増えてきていることも一因ですが、慢性的に看護師不足を引き起こしている原因に看護師の配置基準があります。

配置基準とは病院で患者さんが手厚い看護を受けられるように、看護師1人で患者さんを何人受け持つかの基準です。
以前は看護師1人につき患者15人または13人、10人という3基準がありましたが、2006年の診療報酬改定に伴って新しく看護師1人につき患者さん7人の新基準が導入されました。

もちろん1対7の方が、手厚い看護を受けることが出来ますから、診療報酬はその看護師の配置基準に連動して変わります。
1対7の配置基準を満たしている病院は、診療報酬を高く得られる仕組みになっているのですね。

この配置基準を満たそうとするには、当然看護師を増やす必要があります。
そのため、多くの医療機関で看護師の求人情報を出しているという状況が生まれます。

どこも看護師を欲しがっている状態なので、必然的に慢性的な看護師不足に陥ってしまっているのです。
経済力や看護学校とのパイプがある大きな病院は新卒の看護師を大量に採用できますが、中小の病院は他の医療機関からの看護師の転職者がないと厳しい状態なので、割と高待遇の求人も見受けられます。

看護師の転職理由

一般的に看護師は、他の職業より転職率がかなり高くなっています。
なぜ多くの看護師が、転職を考えたり、実際に何度も職場を変えたりするのでしょうか。

一番多い転職理由が、給料や休日についての職場への不満です。
看護師という仕事の特性上、職場によってはどうしてもシフト勤務になってしまい、土日に休みが取れなかったり、夜勤がシフトに組み込まれていたりします。

医療現場には男性の看護師も増えてきたとはいえ、まだまだ女性の看護師の数の方が圧倒的に多いのが現実です。
結婚や出産に伴い、このようなシフト勤務や夜勤のない職場を探して転職活動する人が多いのです。

また女性が多い職場のためか、職場の人間関係に悩み、転職を決意する人もいます。

様々な転職理由があるといえ、看護師が気軽に転職を決意してしまう理由には、深刻な看護師不足があります。
どこの市町村でも看護師が不足気味で、常に求人情報がある状態で、新しい職場を探すのは難しくありません。

また、他の職業では敬遠されがちな、転職経験は看護師業界ではプラスに働くこともあるようです。

転職経験のある人は、様々な現場で、いろいろな患者さんの看護を行ってきた経験があるとみなされることもあります。
一つの職場ではなく、いろいろな職場を経験して、スキルアップにつなげたいという転職理由を持つ人も多くいるのが看護業界です。

看護師の転職状況

看護業界で働く人は、他の職業で働く人に比べて転職率が多い傾向にあります。
多い人では数年ごとに転職を繰り返す人もいます。
というのも、看護師の労働条件や環境は、それぞれの職場によって大きく変わってくるからです。

現在の職場に不満を持ち、更なる高条件や良環境を求めて転職活動をする人は少なくありません。
日本の医療業界では、常に深刻な看護師不足の状態にありいつでも求人情報があることが、看護師の転職活動を後押ししていると言えます。

転職先の職場の種類も、総合病院の他に開業医やクリニックなどと選択の幅があります。
また高齢化に伴い、老人保健施設などの介護施設でも看護師の需要が高いことも、看護師の転職活動を活発にしている一因でもあります。

土日に休みたい、夜勤なしの職場、給料が良い、スキルアップを目指したいなどの自分の希望にマッチした求人情報が見つかりやすい状況だと言えるでしょう。
看護師における女性の割合が大きいことも、転職率の高さと関係があります。
結婚・出産などによる生活スタイルの変化に合わせて、職場を変える働く女性が増えているといことですね。